一度太って胸を大きくして、あとから減量でほかのところを絞った

わたしは20代後半で海外に留学した経験を持ちます。海外というと日本とは違う食生活、見る物すべてが珍しく、何を食べても美味しかったですね。またパブが昼間からあいているし、日本で言うコンビニの数くらいあるので、留学した帰りにみんなで寄ったりしていたのです。

そんな生活をしているとアッと言うまに私の体重は5キロ増えてしまいました。でも見た目があまり変わらなかったので、それほど心配していなかったのです。それから半年後更に体重は増え、合計で体重が8キロ増えてしまいました。
このころから洋服でもTシャツなどを着ると随分きつくなったなと感じるようになりました。そして下着もきつくなって胸が大きくなったと実感したのです。もちろん全身が太ったのですからアンダーバストも増えていると思いますが、胸はカップが大きくなるくらい変わりましたね。そのお陰でちょっと外国人の体型に近づいた気もしました。

それから半年後わたしは留学を終えて日本に帰国しました。そして留学をしてまず行ったことはダイエットです。でもその時に自分の妹に言われたのです。一度太ってやせたら、胸から痩せていくことがあるから気を付けた方がいいと。そして私は痩せるためにスポーツジムに通うことにしました。

スポーツジムではインストラクターの人が私にあうトレーニングメニューを組んでくれ、まずは2ヶ月で5キロ落とす計画を立てました。その希望には胸は小さくなりたくないと言っていたので、胸筋を鍛えるメニューも入っていましたね。

それから私は食事に気を付けながら、運動も取り入れてダイエットを行いました。ジムでは胸筋を鍛えるマシーンも使用していましたが、それとは別に自宅でおっぱいマッサージを取り入れていました。なぜなら胸筋で鍛えられた胸もいいけれど、やはりマシュマロみたいな柔らかいおっぱいがいいなと感じていたからです。

その結果2ヶ月ダイエットを頑張って、4キロの体重減でした。目標体重はクリアできませんでしたが、私の気になっていた背中は少しスッキリしましたね。そのために胸も目立つように。また筋トレをしていたおかげで痩せることはできましたが、胸は大きいまま残すことが出来たのです。それ以降まだダイエットに励んで体重は更に2キロ減らしました。

結局ダイエットには成功したけれど、胸は維持することが出来たのです。だから胸を大きくするには、一度太って胸を大きくして、あとはダイエットで胸を維持しながら他を絞っていくという方法が効果があるということがわかりました。

You may also like...